小三治

2010年02月09日

「小三治」

ミニシアター「蠍座」さんは2本観るとお得な料金設定になっています
昨日の剱岳 点の記と一緒にドキュメンタリー映画小三治も一緒に観てきました。


もうじき落語協会会長に就任予定の柳家 小三治師匠の高座や地方での独演会、さらにその舞台裏やインタビューなどを交えての104分。
日ごろ機関銃のようなお笑い番組のトークに慣れていると、師匠の「間」には一瞬ドキッとしてしまいます。しかーし!いつしかその話術の虜に・・・

飄々と、淡々と、軽やかな時間を与えてくれる小三治師匠の噺。
歌もスキーも(!)お上手で、何でも器用に楽しげにこなされている様子をみると「才能のある人はいいなぁ」と羨ましい限りです。けれども、そんな師匠がラスト近くでつぶやいた言葉。高みに上り詰めてもなお、葛藤を見せるその姿にますます惚れてしまいました

pom_pom_dahlia at 21:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)